コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海部壮平 かいふ そうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海部壮平 かいふ-そうへい

1847-1895 明治時代の養鶏家。
弘化(こうか)4年8月13日生まれ。もと尾張(おわり)名古屋藩士。維新後,池之内村(小牧市)で弟の海部正秀と協力して鶏の品種改良につとめ,明治15年ごろ地鶏(じどり)と中国産のバフコーチンを交配して海部種(名古屋コーチン)をつくりだした。明治28年10月1日死去。49歳。著作に「養鶏方案」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

海部壮平の関連キーワード海部 正秀明治時代弘化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海部壮平の関連情報