コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海野幸氏 うんの ゆきうじ

2件 の用語解説(海野幸氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海野幸氏 うんの-ゆきうじ

?-? 鎌倉時代の武将。
海野幸広の子(一説に弟)。源義仲の家人。源頼朝の人質となった義仲の子義高にしたがい,鎌倉にいく。のち頼朝,北条氏につかえ,信濃(しなの)(長野県)海野庄の地頭となる。弓馬の名手として知られ,嘉禎(かてい)3年(1237)流鏑馬(やぶさめ),笠懸(かさがけ)の故実を北条時頼につたえた。通称は小太郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

海野幸氏

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武士。幸広の子。小太郎幸氏と名乗る。はじめ木曾義仲の家人であったが,源頼朝の許に人質として遣わされた義仲の子義高に同行し,以来鎌倉で活躍。元暦1(1184)年,義仲の敗死後,鎌倉から逃亡しようとした義高の身代わりを勤めた。義高死後は頼朝に仕え,鶴岡神事の流鏑馬や正月の的始等の射手を何度も勤め,弓の名手としてその名を知られた。嘉禎3(1237)年7月,初めて鶴岡放生会流鏑馬射手を勤めることになった北条時頼に,流鏑馬・笠懸等の故実を伝えた。建長2(1250)年,閑院殿造営の一部を負担した海野左衛門入道も幸氏と思われ,かなり長命であったことがわかる。

(澤野泉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海野幸氏の関連キーワード小太夫鹿の子足助重信犬御前海野幸広鬼小太郎加藤光正河越重房風魔小太郎山県小太郎山名重国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone