消息宣下(読み)しょうそくせんげ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうそく‐せんげ セウソク‥【消息宣下】

〘名〙 勅旨を宣旨を用いて簡略に伝達する際の形式。口宣の伝達を受けた上卿が宣旨発給を命ずる書状(消息)を添えてこれを外記局・弁官・内記局などに送付するのでいう。消息はまた蔵人から上卿へ、あるいは弁官内部での弁から史への伝達にも用いられることがあった。
※宗建卿記‐享保一六年(1731)六月六日「輪王寺母堂経子〈冷泉前大納言為経卿女号栄秀院〉叙従三位〈消息宣下也〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android