上卿(読み)しょうけい

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐けい シャウ‥【上卿】

〘名〙
① 朝廷の諸行事・会議などの執行の責任者として指名された公卿(くぎょう)。おおむね一回ごとにあらたに定められる。
※九暦‐逸文・天徳元年(957)三月一四日「天皇為奏状、召上卿
※栄花(1028‐92頃)紫野「中将の中納言にて、春の春日の祭の上卿せさせ給」
② 記録所の長官。
※職原鈔(1340)下「但於上卿弁者、可記録所事由被宣下也」
③ 公卿(くぎょう)の異称。〔饅頭屋本節用集(室町末)〕
④ 古代中国で、公卿(こうけい)のうちの上位の者。〔春秋左伝‐桓公三年〕

じょう‐きょう ジャウキャウ【上卿】

※太平記(14C後)三四「げにもとて伝奏の上卿(キャウ)両三人〈略〉衛府官四五人許(ばかり)を召し具せられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上卿
しょうけい

平安時代以降,朝廷行事を担当奉行する上首の公卿節会など大行事には大臣が,小公事には大・中納言,参議が上となる。恒例の行事の一部分については,前年の 12月頃に公卿分配があって上卿が予定された。このほか公卿の別称にも用いられ,記録所長官 (かみ) も上卿と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐けい〔シヤウ‐〕【上×卿】

《「じょうけい」とも》
朝廷の諸行事・会議などの執行の責任者として指名された公卿(くぎょう)。列席した公卿中の首席の者が選ばれた。
記録所の長官。
公卿(くぎょう)異称

じょう‐きょう〔ジヤウキヤウ〕【上×卿】

しょうけい(上卿)

じょう‐けい〔ジヤウ‐〕【上×卿】

しょうけい(上卿)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうけい【上卿】

朝廷において恒例・臨時儀式政務を主宰する上首の公卿をいい,上(しよう)とのみ略記することもある。おおむね前年度末に行われる公卿分配(行事の役割分担)で,だれがどの行事の上卿になるかが定まるが,大臣・大中納言が充てられる。しかし公卿分配をしない行事の中には,当日参入した公卿の上位の者を上卿とすることがあり,これを日上(ひのしよう)といった。また参議も上卿になる例があるが,小行事(たとえば国忌大祓梅宮祭,吉田祭)にかぎられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android