口宣(読み)クゼン

世界大百科事典 第2版の解説

くぜん【口宣】

10世紀ころから,天皇の命令(勅旨)を蔵人所(くろうどどころ)の職事(しきじ)(蔵人頭または五位蔵人)が奉って,太政官上卿(しようけい)に伝える際,用いられた文書。810年(弘仁1)の薬子の変以降,蔵人所が創設されると,それ以前内侍によってつかさどられていた勅旨伝達は,職事蔵人によって担われるようになった。職事蔵人は天皇の口勅(口頭による勅命)を奉り,太政官の陣座に赴き,上卿に勅旨を口頭で伝えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くぜん【口宣】

口で勅命を伝えること。内侍・職事しきじを経て上卿しようけいに伝えられる。また、その時に発せられる文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口宣
くぜん

天皇の勅旨(ちょくし)を秘書役の職事蔵人(しきじくろうど)が太政官(だいじょうかん)の当日の政務担当公卿(くぎょう)である上卿(しょうけい)に伝える文書。本来、勅旨の伝宣(伝達)は、職事が内裏の左・右近衛陣(このえのじん)の陣座(じんのざ)に赴き、口頭で上卿に伝えるのが正式の方法であった。しかし、上卿から求められた場合、あるいは陣座以外の臨機の場で伝宣する場合は、職事は勅旨を紙上に書き留めた覚書を渡した。これを口宣と称した。11世紀末ごろ定式化された口宣の様式は、初行に日付そして1字分闕字(けつじ)にして「宣旨(せんじ)」と書き、次行以下に、要件の要旨のみを記し、最後に、職事の位署(いしょ)(署名)そして、「奉(うけたまわる)」と小書きする。口宣が太政官に伝えられると、太政官のしかるべき部署から、詔(しょう)、勅(ちょく)、官符(かんぷ)、官牒(かんちょう)、官宣旨(かんせんじ)、宣旨などの正式文書が発給された。これに対し、口宣の案文(あんもん)を口宣案という。鎌倉時代中ごろ以降、臨時の叙位、任官および補任(ぶにん)、待遇付与などを行う際、職事は、院または天皇の直接命令により、太政官を経ず、直接当事者に口宣案を与え、正式の辞令文書にかえた。口宣案の様式は、口宣と多少異なり、口宣の日付右肩に上卿の名を、端裏に「口 宣案」という銘を加える点が特徴である。[富田正弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐ぜん【口宣】

〘名〙
① 口頭で勅命が伝えられること。特に蔵人所が設置されて以後、天皇の意思は内侍から職事(しきじ)(蔵人頭)に、職事から当日の政務担当の公卿(上卿)に伝達された。この職事から上卿に伝えるときには口頭で宣するのが原則であった。
※出雲風土記(733)総記「其の郷(さと)の名の字は、神亀三年の民部省(たみつかさ)の口宣(くせむ)を被(かがふ)りて、改めぬ」
※禁中方名目鈔校註(1741‐60頃)上「口宣(クセン)。〈略〉天皇奉仰職事蔵人所書文書曰口宣

こう‐せん【口宣】

〘名〙 (「こうぜん」とも)
① 口で述べること。口に出して言うこと。口述。
※後二条師通記‐寛治五年(1091)七月二三日「亀山之辺花如錦、人々口宣所申也、聞伝於慮外、早所案内也」 〔春秋左伝注‐成公一三年〕
② 天皇が口頭で述べる命令。くぜん。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の口宣の言及

【公家様文書】より

…その淵源は二つに分けられる。一つは奈良時代に,仰せ,命令の意で広く用いられていた宣の系譜を引く内侍宣(ないしせん),宣旨(せんじ),口宣案(くぜんあん),官宣旨(弁官下文),国司庁宣,大府宣などである。内侍宣は,天皇に近侍して奏宣をつかさどる内侍司の女官が天皇の仰せを伝えるものであるが,薬子の変を機に蔵人所が置かれ(810),蔵人が天皇の仰せを,太政官の上卿に伝えるようになった。…

※「口宣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android