コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消極 ショウキョク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐きょく〔セウ‐〕【消極】

[名・形動]
自分から進んで行動したり、意見を述べたりしないこと。また、そのさま。⇔積極
「そうして君の―な哲学を聞かされて驚いた」〈漱石それから
電気や磁気の陰極
[派生]しょうきょくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうきょく【消極】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ  〔negative〕
進んではたらきかけようとしないこと。控えめであったり否定的・受動的であったりすること。また、そのさま。 ↔ 積極 「 -策」 「始終-な事ばかり考へてゐる人達は/うづまき
陰極。
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

消極の関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム[3世]ロイヤルティのピラミッドパーテールポジションネガティブシンキングハンガー・ストライキルクランシェ電池コーション失格積極的平和主義消極ロイヤル政治的無関心消極的支持層逃げ腰・逃腰司法積極主義積極的平和国籍の抵触事勿れ主義腰が引ける否定的概念ネガティブルール問題

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消極の関連情報