コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ク

5件 の用語解説(消の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く【消】

[動カ下二]消える。
「降り置ける雪の常夏にずて渡るは」〈・四〇〇四〉
「梅の花早くな散りそ雪はぬとも」〈・八四九〉
「立山の雪しらしも」〈・四〇二四〉
[補説]「消ゆ」に先行する上代語とされるが、活用形は大半が連用形である。終止形の例とされる「四〇二四」を「来らし」とする説もあり、また、未然・連用形の「け」は「消ゆ」の未然・連用形「きえ」の音変化とする説もある。

け【消】

動詞「く(消)」の未然・連用形。→く(消)

しょう【消】[漢字項目]

[音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]きえる けす
学習漢字]3年
きえてなくなる。なくす。けす。「消火消化消耗(しょうこう)消耗(しょうもう)消失消息消毒消費消滅解消費消抹消霧消
月日を送る。過ごす。「消光
気落ちする。「消魂消沈
控え目にする。「消極
(「」の代用字)しのぐ。「消夏消暑
[難読]魂消(たまげ)る雪消(ゆきげ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

く【消】

( 動下二 )
とけてなくなる。消える。 「立山の雪しらしも/万葉集 4024」 「梅の花早くな散りそ雪はぬとも/万葉集 849
草木などがしぼむ。また、死ぬ。 「朝あした咲き夕ゆうへぬる月草の/万葉集 2291」 「朝露のやすき我が身/万葉集 885」 〔主として上代に用いられた。未然形・終止形の用例もあるが、大半は連用形で、連体・已然・命令形の用例を見ない。未然形・連用形の「け」について、動詞「きゆ(消)」の未然・連用形の「きえ」の変化したものとする説もあるが、上代には「消ゆ」の用例はきわめて少なく、「きえ」の確例もない〕

け【消】

( 動 )
〔下二段動詞「く(消)」の未然形・連用形〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消の関連キーワード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消の関連情報