液晶ディスプレイ(読み)えきしょうでぃすぷれい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

液晶ディスプレイ

表示装置に液晶を用いたディスプレイ。表示方式の違いによってDSTN方式とTFT方式があり、現在の主流はTFT方式。薄く、消費電力が小さいので主にノートパソコンに利用されてきた。近年では低価格化が進み、ディスプレイ単体でもCRTに代わり、主流になった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液晶ディスプレイ
えきしょうディスプレイ
liquid crystal display

液晶に電圧をかけると分子配列が変化し,光の振動方向を回転させる複屈折性や旋光などの光学的性質が変化するのを利用して光シャッタとして動作させる平面型表示装置。液晶自体は光らないので,入射光を利用する反射型と,補助光源などの光を利用する透過型とある。ネマテックを用いた単純マトリックス方式STN; super twist nemeticタイプと薄膜トランジスタを用いた TFT; thin film transistorタイプがある。小型の電子式卓上計算機から大型テレビまで液晶ディスプレイの応用は広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android