液晶ディスプレイ(読み)えきしょうでぃすぷれい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

液晶ディスプレイ

表示装置に液晶を用いたディスプレイ。表示方式の違いによってDSTN方式とTFT方式があり、現在の主流はTFT方式。薄く、消費電力が小さいので主にノートパソコンに利用されてきた。近年では低価格化が進み、ディスプレイ単体でもCRTに代わり、主流になった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液晶ディスプレイ
えきしょうディスプレイ
liquid crystal display

液晶電圧をかけると分子配列が変化し,光の振動方向を回転させる複屈折性や旋光などの光学的性質が変化するのを利用して光シャッタとして動作させる平面型表示装置。液晶自体は光らないので,入射光を利用する反射型と,補助光源などの光を利用する透過型とある。ネマテックを用いた単純マトリックス方式STN; super twist nemeticタイプと薄膜トランジスタを用いた TFT; thin film transistorタイプがある。小型の電子式卓上計算機から大型テレビまで液晶ディスプレイの応用は広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

液晶ディスプレイ
エキショウディスプレイ
liquid crystal display

外部電場による液晶分子の配列変化に起因する光学特性の変化(電気光学効果)を利用した非発光型ディスプレイの一種で,低電圧駆動,低消費電力(LCDと略称される)である.ねじれネマチックモード(twisted-nematic:TNモード),ホスト・ゲストモード,動的散乱モードなどがディスプレイに用いられているが,パソコンのディスプレイ,テレビなどにはTNモードを利用したものが多い.配向処理された2枚の電極基板の間にネマチック液晶を入れ,基板表面に平行に液晶分子を配向させる(ホモジニアス配向).90°ねじれた状態で基板を配置すると,液晶分子は90°ねじれた状態で配向する.この状態で偏光を入射すると,偏光面は90°回転する.電極間に電圧を印加すると液晶分子は電場に垂直に配向(ホメオトロピック配向)し,偏光面の回転は起こらない.2枚の偏光板の間にこの液晶セルを挿入する(十字ニコルまたは平行ニコル)と,光透過を電圧のON/OFF(偏光面の回転の有無)で制御できる.電圧応答性改良のため,液晶分子のねじれ角をさらに大きくする場合もある(super-twisted nematic:STNモード).基板上の電極数を多くしたほうが画素数が多くなり,精細な表示を行うことができる.駆動のための各画素にはスイッチング素子が組み込まれることが多く,薄膜トランジスター(thin film transister:TFT)が用いられる(TFT液晶ディスプレイ).各画素にカラーフィルターを組み合せることでフルカラー表示も可能である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報