涼秋(読み)りょうしゅう

精選版 日本国語大辞典「涼秋」の解説

りょう‐しゅう リャウシウ【涼秋】

〘名〙
しい。ひえびえとした秋。
※凌雲集(814)和左衛督朝臣嘉通秋夜寓直周廬聴早雁之作〈嵯峨天皇〉「涼秋八月驚塞鴻」 〔岑参胡笳歌〕
② 陰暦九月異称
※菅家後集(903頃)秋晩題白菊「涼秋月尽早霜初、残菊白花雪不如」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「涼秋」の解説

りょう‐しゅう〔リヤウシウ〕【涼秋】

涼しい秋。「涼秋
陰暦9月の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「涼秋」の解説

【涼秋】りようしゆう(りやうしう)

涼やかな秋、寒涼の秋。・岑参〔胡笳の歌。顔真の使してに赴くを送る〕涼秋關の 北風吹斷す、天山の

字通「涼」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android