(読み)りょう(英語表記)Liang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


りょう
Liang

中国,五胡十六国のうち中国の北西部にあって涼と称した五つの国(地方政権)。(1) 前涼(301~376) 涼州刺史(→刺史)であった漢人張軌が,西晋末に姑臧(こぞう。甘粛武威県)を中心にして事実上独立国をつくったのに始まる。しかし張氏は形式的には長く晋の年号を用いた。第4代張駿のときが最盛期で,第5代張重華はみずから涼王と称した。第9代張天錫が太元1(376)年,前秦に降伏して滅亡。(2) 後涼(386~403) 前秦の苻堅が淝水で大敗した(→淝水の戦い)のを聞き,そのもとにあった氐(てい)族の呂光が姑臧に入り,太安1(386)年涼州牧酒泉公と称して自立,竜飛1(396)年には天王と称し,国を大涼と号した。その後は国情が不安定で神鼎1(401)年後秦にくだり,同 3年滅んだ。(3) 南涼(397~414) 後涼の呂光に従っていた鮮卑禿髪烏孤(とくはつうこ)が,太初1(397)年大単于西平王と称して自立。のちこの国の王は武威王,河西王,涼王としだいに改称。嘉平7(414)年西秦にくだった。(4) 北涼(397~439) 匈奴沮渠蒙遜が後涼にそむき,漢人段業を推戴して神璽1(397)年涼王と称させた。永安1(401)年段業を廃し,みずから涼州牧張掖公と称した。玄始1(412)年には河西王と称して,西涼を滅ぼし(421),西域との道を開いた。永和7(439)年北魏にくだった。(5) 西涼(400~421) 漢人李暠が庚子1(400)年,涼公・秦涼二州牧として自立。永建2(421)年,北涼に滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょう〔リヤウ〕【涼】

涼しさ。また、涼しい風。「高原を求める」 夏》

りょう【涼】[中国の国名]

中国の国名五胡十六国のうち、前涼後涼南涼北涼西涼の5国の総称。五涼。

りょう【涼】[漢字項目]

常用漢字] [音]リョウ(リャウ)(漢) ロウ(ラウ)(呉) [訓]すずしい すずむ
すずしい。「涼気涼風涼味秋涼新涼清涼爽涼(そうりょう)納涼冷涼
冷え冷えとして寂しい。「荒涼凄涼(せいりょう)
[補説]「凉」は俗字人名用漢字
[名のり]すけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

涼【りょう】

中国,五胡十六国の国名。(1)前涼。313年―376年。涼州刺史の張軌が自立。前秦()に滅ぼされた。(2)後涼。386年―403年。【てい】の呂光は前秦の苻堅(ふけん)から西域の遠征を命ぜられ,その帰途,苻堅の死をきいて涼州に自立。河西一帯を平定したが,南涼と北涼の独立により勢力衰え,ついに後秦に服属。(3)南涼。397年―414年。鮮卑の禿髪(とくはつ)氏が後涼より自立。青海に拠ったが,北涼の圧迫激しく,西秦に降伏。(4)北涼。397年―439年。匈奴(きょうど)の沮渠(しょきょ)氏が後涼より自立。初め漢人の段業を立てたが,401年これを殺し,自ら王となる。南涼を圧し,西涼を滅ぼして,甘粛の地に威を振るったが,北魏()に滅ぼされた。(5)西涼。400年―421年。敦煌(とんこう)太守の李【こう】(りこう)が北涼から自立。東方への進出を図ったが,北涼のために滅ぼされた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょう【涼 Liáng】

中国,五胡十六国の一つ。313‐376年。通称は前涼。甘粛地方は前漢の武帝がいわゆる河西四郡を置いて以来,中国と西域とを結ぶ交通路に,敦煌,酒泉,張掖(ちようえき),武威(姑臧(こぞう))などのオアシス都市が発達した。それらは周辺に波及してゆく中国文化の西方における基地でもあった。しかし漢の滅亡後,中国を再統一した晋(西晋)が瓦解すると,この地方にも自立の動きが始まった。301年(永寧1)漢人豪族張軌が涼州刺史の地位を利用して姑臧(甘粛省武威県)に拠って以来,その一族が代々晋朝から涼州牧を授けられ,ときに涼王を自称した。

りょう【涼 Liáng】

中国,五胡十六国の一つ。386‐403年。通称は後涼。略陽(甘粛省秦安県)の(てい)族の首領呂光(りよこう)によって創建された。呂光は秦(前秦)の苻堅(ふけん)の命により西域諸国を下したが,遠征中に前秦が内乱に陥ったので姑臧(こぞう)(甘粛省武威県)にとどまって自立を図り,386年(太安1)涼州牧を自称,396年(竜飛1)天王の位についた。しかしその死後一族の間に内紛が絶えず,外からは北涼と南涼に攻められ,403年(神鼎3)第4代呂隆が秦(後秦)の姚興(ようこう)に助けを求めて下った。

りょう【涼 Liáng】

中国,五胡十六国の一つ。397‐439年。通称は北涼。張掖(ちようえき)(甘粛省張掖県)付近にあった匈奴部落の首領沮渠蒙遜(しよきよもうそん)は,近親が後涼の呂光(337‐399)に殺されたので挙兵して397年(神璽1)呂光の臣下段業(?‐401)を涼州牧に戴いた。401年(永安1)段業を殺してみずから涼州牧を称し,一方で秦(後秦)に臣属すると同時に南涼から姑臧(こぞう)を奪い,ここに遷都して河西王を称した。

りょう【涼 Liáng】

中国,五胡十六国の一つ。397‐414年。通称は南涼。河西の鮮卑(せんぴ)禿髪氏(とくはつし)ははじめ後涼に臣属したが,397年(太初1)禿髪烏孤(とくはつうこ)がその内紛に乗じて西平王を称し,楽都(らくと)(青海省楽都県)を根拠地として建国した。その後利鹿孤(りろくこ)・傉檀(じよくたん)と諸弟が継承した。傉檀は秦(後秦)に臣属しつつも姑臧(こぞう)(甘粛省武威県)に拠って勢威を張り,ときには独立して涼王を称したが,後秦,北涼,夏,西秦とのはげしい交戦で疲弊し,北涼に姑臧を奪われ,414年(嘉平7)西秦の乞伏熾磐(こつふくしはん)に楽都を陥れられて下った。

りょう【涼 Liáng】

中国,五胡十六国の一つ。400‐421年。通称は西涼。隴西(甘粛省)の漢人豪族李暠(りこう)は北涼の段業(?‐401)に仕えたが,人びとに敦煌太守に推され,段業もこれを承認した。400年(庚子1)自立して涼公を称し,東晋に遣使した。やがて本拠を酒泉に移し,河西を漢族の手に奪回しようとしたが,東方を南涼と北涼に扼(やく)され,志を果たさなかった。あとを継いだ第2子李歆(りきん)は,北涼の南涼攻撃に乗じて張掖(ちようえき)を襲ったが,421年(永建2)かえって北涼に滅ぼされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょう【涼】

涼しいこと。涼しさ。 「 -を入れる」
[句項目] 涼をとる

りょう【涼】

中国、五胡十六国の国号。前涼・後涼・南涼・北涼・西涼の五か国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さが・す【涼】

〘他サ四〙 広げて日に乾す。かき広げる。広げて中身をさらけ出す。〔書陵部本名義抄(1081頃)〕
※今昔(1120頃か)一六「旅籠(はたご)など凉(さが)して物など食ひて、寝ぬ」

すずし【涼】

「宇津保物語」に登場する男性。源氏。紀伊の国の長者神南備の種松の娘と、時の帝との子。琴をはじめ、才芸が豊かで藤原仲忠と優劣をつけがたい。吹上行幸のときは、琴の賞に貴宮(あてみや)を賜わる話が出るほどであった。貴宮をめぐる求婚争いに加わるが、貴宮入内のため、さまこそ君と結婚。中納言に至る。涼と仲忠の優劣論は王朝貴族女性の好個の話題であった。
※枕(10C終)八三「すずし・なかただなどがこと、御前にも、おとりまさりたるほどなど仰せられける」

すずし【涼】

すずし・い【涼】

〘形口〙 すずし 〘形シク〙
① 暑苦しくなくて気持がよい。ほどよく冷ややかである。《季・夏》
※万葉(8C後)二〇・四三〇六「初秋風須受之伎(スズシキ)(ゆふべ)解かむとそ紐は結びし妹に逢はむため」
※新古今(1205)夏・二六四「おのづから涼しくもあるか夏衣日も夕暮の雨のなごりに〈藤原清輔〉」
② つめたい。また、寒い。
※書紀(720)雄略即位前(前田本訓)「孟冬(かむなつき)の作陰(ススシキ)之月(つき)
※龍光院本妙法蓮華経平安後期点(1050頃)二「冷(ススシき)水を以て、面に灑(そそ)きて」
③ 物のさまがすっきりとしていて、さわやかである。いかにもすがすがしく感じられる。見た目にあざやかである。
※源氏(1001‐14頃)常夏「秋の夜の月影すずしき程」
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一「色白く、鼻筋通り〈略〉見るだに涼(スズシ)き美人なり」
④ ことばや動作がはっきりしていてすがすがしい。
※日蓮遺文‐上野殿後家尼御前御書(1280)「みめかたちも人にすぐれ、心もかいがいしくみへしかば、よその人々もすずしくこそみ候しに」
※浄瑠璃・出世景清(1685)三「ゆくゑにおいては存ぜぬとことばすずしく申さるる」
⑤ 心がさわやかである。心中にわだかまるところがなく快い。わずらいがない。
※拾遺(1005‐07頃か)哀傷・一三三六「さざ波や志賀の浦風いか許(ばかり)心の内の涼かるらん〈藤原公任〉」
※源氏(1001‐14頃)明石「思ふ事かつがつかなひぬる心地してすすしう思ひ居たるに」
⑥ 目もとがはっきりしている。目にけがれがない。
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)四「清は目のすすしい本揚はまゆのあがった体ぞ」
⑦ いさぎよい。
※太平記(14C後)二五「事の賾(おぎろ)、実(まこと)に思切たる体(てい)哉と、先づ、涼(スズ)しくぞ見えたりける」
⑧ 潔白である。無実である。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「おそらくすずしいこの新七に、ない難(なん)つけてひま出させ」
⑨ 厳然としている。いかめしい。
海道記(1223頃)鎌倉遊覧「魯般、意匠を窮めて成風天の望に冷(すずし)く、毗首(びしゅ)、手功を尽せり」
⑩ つめたくさめている。興のないさま。
※万葉(8C後)三・三四七「世のなかの遊びの道に冷(すずしき)は酔泣(ゑひなき)するにあるべかるらし」
[語誌]上代では「秋の風」に対して用いられ、中古では、多くの場合、暑さが去った後の快い低温を表わす。中古・中世を通じて、感覚主の状態だけでなく、対象の状態を表現して、②に挙げた訓点資料例にある「すずしき水」のように用いられることもあった。しかし、こういった対象の状態を表わす用法は、漢文訓読体や、漢文調の強い文章に偏って見られる傾向があり、おそらく「涼」の字義に引きずられた特別な用法で、和語としての「すずし」には、対象の状態を表わす用法は本来無かった可能性が高い。
すずし‐げ
〘形動〙
すずし‐さ
〘名〙

すずみ【涼】

〘名〙 (動詞「すずむ(涼)」の連用形の名詞化)
① 涼むこと。涼しい空気にあたって暑さを忘れること。納涼。《季・夏》
※宇津保(970‐999頃)祭の使「あつき日ざかりには人々すずみなどし給ふに」
※俳諧・続猿蓑(1698)夏「立ありく人にまぎれてすずみかな〈去来〉」
② 涼しい環境にひたるために出かけること。避暑。
※俳諧・五車反古(1783)夏「弟子僧と寺住かへて避暑(すずみ)哉〈維駒〉」
③ 京都市下京区高倉通仏光寺上ルにあった当道職屋敷清聚庵(せいじゅあん)に、六月一九日、盲人が会して行なった法会。その儀は二月一六日の積塔会(しゃくとうえ)に同じく、般若心経を読誦し、酒を酌み、巧みな者を選んで平曲を語らせ、夜ふけて四条川原に出て石を積んで塔を造り、これを拝する。六月二〇日は雨夜皇子(あまよのみこ)の母后の命日に当たり、その追善のために行なうという。座頭の涼み。涼みの会。涼みの塔。
※教言卿記‐応永一二年(1405)六月一九日「座頭・撿校等すすみと号会合〈八十一人〉」
※俳諧・鷹筑波(1638)五「撿校(けんぎょう)のすずみにくむや一夜酒〈永良〉」
④ 近世、六月七日より一八日までの間、毎夜京都四条川原に茶店が出て、河中に床を設け、足をひたして涼をとったこと。茶店の提灯が並び、音曲・曲芸・物真似・猿芝居・軽口咄(かるくちばなし)なども人を集め、色町の女たちを交えて歌舞遊宴が行なわれた。天候によって日延べの行なわれることもあった。涼み川。川原の涼み。川原涼み。四条涼み。四条川原の涼み。
※日次紀事(1685)六月七日「四条河原水陸不寸地床設席而良賤般楽東西茶店張挑燈行燈恰如白昼是謂凉」

すず・む【涼】

〘自マ五(四)〙
① 暑さを避けて、清涼な空気にあたる。涼しい風にあたって、暑さをしのぐ。《季・夏》
※書紀(720)仁徳三八年七月(寛文版訓)「高台(との)に居(ま)して避暑(ススミ)たまふ」
※俳諧・曠野(1689)六「涼めとて切ぬきにけり北のまど〈野水〉」
② 目立たぬ所で冷遇されて過ごす。
※玉塵抄(1563)一「王位からも引もだされずして時世にあわいですずんですぐるぞ」

りょう リャウ【涼】

[1] 涼しいこと。涼しさ。涼しい風。《季・夏》
※海道記(1223頃)序「手の中に扇あれば涼を招くに最やすし」 〔傅咸‐神泉賦〕
[2] 中国の五胡十六国の王朝。前涼・後涼・南涼・北涼・西涼の五国。五涼ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

涼の関連情報