コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淀屋 ヨドヤ

大辞林 第三版の解説

よどや【淀屋】

江戸前期から中期の大坂の豪商。材木商から始まり、諸藩の蔵元をつとめ巨富を積み、大坂総年寄を兼ねたが、五代辰五郎(三郎右衛門)に至り、1705年、闕所けつしよ処分をうけて断絶した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の淀屋の言及

【商品取引所】より

…蔵屋敷の管理者である蔵元は各藩の武士がつとめていたが,しだいにその役を商人に任せるようになり,掛屋(町人蔵元)が生まれた。その最大のものが淀屋である。米商人たちが米を仕入れる際,手付金として掛屋に米の総代金の1/3を支払うと,掛屋は蔵前手形という一種の倉荷証券を発行した。…

【堂島米市場】より

…大坂は江戸初期から蔵屋敷蔵元が存在し,蔵米を中心とした全国的な米の集散地であった。初期の米市場については不明だが,万治・寛文(1658‐73)ごろには,淀屋橋南詰にあった当時の有力な町人蔵元である淀屋の門前に米商人たちが集まり,米売買が行われたという。いわゆる淀屋米市がこれであるが,1697年(元禄10)にいたって,堂島新地の開発にともない,米市場もこの地に移転した。…

【淀屋个庵】より

…姓は岡本氏,名は三郎右衛門言当。淀屋の始祖で中之島の開拓で知られる与三郎常安の長子で,个庵もまた1622年(元和8)鳥羽屋彦七と連名で津村の葭島の新地開発を出願し,塩干魚・干鰯(ほしか)(魚肥)商の集居する靱(うつぼ)3町(新靱,新天満,海部堀川町)の発展の素地をつくった。また大坂の総年寄として31年(寛永8)従来,堺,京都,長崎に限定されていた糸割符(中国産生糸の輸入商グループ)の特権を大坂町人のために奔走して実現させた。…

※「淀屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

淀屋の関連キーワード大阪府大阪市中央区今橋御堂筋イルミネーション大阪府大阪市中央区北浜山崎与次兵衛寿の門松京阪電気鉄道(株)中之島(大阪市)紀伊国屋文左衛門蔵元(江戸時代)京阪電気鉄道商品先物市場佐々木松雨三郎右衛門柳沢騒動物堂島米会所堂島米市場北風彦太郎淀屋辰五郎大坂商人相場会所浮世草子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淀屋の関連情報