コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欠所/闕所 ケッショ

デジタル大辞泉の解説

けっ‐しょ【欠所/×闕所】

欠けているところ。
「其の詭説の―を猛撃せられて」〈竜渓経国美談
(闕所)中世、没収されたり、領主が他に移ったりして、知行人のいない土地。闕所地。
(闕所)中世、所領・諸職を没収すること。
(闕所)江戸時代の刑罰の一。死罪遠島追放などの付加刑で、田畑・家屋敷・家財などを没収すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の欠所/闕所の言及

【闕所】より

…なお南北朝以降では分国内闕所の処分について守護の発言力が急速に強まり,領国制展開のための有力な支えとなった。【笠松 宏至】
[近世]
 欠所とも書き,江戸時代,付加刑として他の刑罰にあわせ科せられた財産没収。私的に所持する財産を官没するもので,公的な支配権の召上げは改易(かいえき)と呼び区別した。…

※「欠所/闕所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

欠所/闕所の関連キーワード大久保長安球果植物蒲生氏郷吶喊闕所総作

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android