コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡々 たんたん

世界大百科事典 第2版の解説

たんたん【淡々】

1674‐1761(延宝2‐宝暦11)
江戸中期の俳人。本姓は曲淵。ふだんは松木姓を名のる。大坂の人。初号は因角。1700年(元禄13)冬江戸に移り,渭北と改号,不角と其角に従った。彼自身は,江戸で芭蕉にまみえ,呂国の号を得たと述べるが,信じるべきでない。04年(宝永1)に芭蕉のあとを慕って奥州に行脚し,《安達太郎根(あだたらね)》を編んだ。07年,其角没後淡々と改号,翌年秋に京に移住した。当初,京での俳諧活動はほとんどなく,江戸に出た機会に旧友と俳交を楽しむ程度であったが,15年(正徳5)《十友館》《六芸》を編んだころから京俳壇を地盤として熱心に活動を開始,16年(享保1)に鷲峰山の中腹に半時庵を結び,翌年《にはくなふり》を世に問うた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

淡々の関連キーワード結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道昨夜のカレー、明日のパン人生最後のロマンスどうにかなる日々第七女子会彷徨閲微草堂筆記きらきら光るミニマリズム時は過ぎゆくセンセイの鞄かむろば村へ冷えたる曲すーちゃん浅見田鶴樹竹上八十房八千房駝岳この人の閾安田是誰東京物語

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淡々の関連情報