コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深い フカイ

デジタル大辞泉の解説

ふか・い【深い】

[形][文]ふか・し[ク]
表面から底まで、また入り口から奥までの距離が長い。「―・い川」「―・い茶碗」「椅子に―・く腰掛ける」「山―・く分け入る」「彫りの―・い顔」⇔浅い
物事の程度や分量、また、かかわりなどが多い。「―・い感銘を覚える」「あまり―・く考えないほうがいい」「もとから関心が―・かった」「欲が―・い」「―・い仲」⇔浅い
色合いが濃い。「空の青さはどこまでも―・い」「山の緑が日増しに―・くなる」⇔浅い
密度が濃い。また、密生している。「霧が―・い」「―・い草むら」
かなり時がたっている。また、盛りの時期にある。たけなわである。「夜が―・い」「秋も―・くなる」
多く「…ぶかい」の形で、名詞、またはそれに準じる語に付いて接尾語的に用いる。
㋐表面や外から底や奥までの距離がある意を表す。「奥―・い」「根―・い」
㋑程度のはなはだしいさまを表す。「情け―・い」「疑り―・い」
[下接語](ぶかい)意義深い疑い深い疑(うたぐ)り深い遠慮深い奥深い感慨深い考え深い興味深い草深い毛深い木(こ)深い嫉妬(しっと)深い慈悲深い執念深い思慮深い慎み深い罪深い泥深い情け深い根深い用心深い欲深い

ぶか・い【深い】

ふか(深)い6」に同じ。「奥―・い」「執念―・い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかい【深い】

( 形 ) [文] ク ふか・し
(垂直方向に)基準になる面から底までの距離が長い。 「 - ・い海」 「 - ・い谷」 「 - ・い井戸」 「 - ・い雪」
(水平方向に)基準になる面から奥までの距離が長い。 「 - ・い洞窟」 「 - ・い森」 「 - ・い山の中」
物事の程度が大きい。度合が強い。 「 - ・い味わい」 「 - ・い静寂」 「罪が-・い」
濃度が大きい。濃い。 「 - ・い緑」 「 - ・い霧」 「 - ・い香り」
(時間的な推移の中で)今が盛りである。たけなわである。 「秋も-・くなった」 「夜が-・い」
表面的には見えにくいが重大な意味をもっている。またいわくありげである。深遠だ。 「 - ・い意味」 「 - ・い事情がありそうだ」 「益ますますあやしげな笑味えみを-・くする/運命論者 独歩
関係が密接である。関かかわりが強い。 「 - ・い縁」 「 - ・い仲」 「不図した縁で此のお隅と-・くなりました事で/真景累ヶ淵 円朝
身体の奥にまで達している。また、体の深部から発している。 「 - ・い傷」 「 - ・い呼吸」 「 - ・いため息」 「 - ・い眠り」
心の底から強く感じている。気持ちが強くて変わりにくい。 「 - ・い悲しみ」 「 - ・い愛情」 「情が-・い」 「 - ・い印象」 「 - ・い興味」 「欲が-・い」 「猜疑さいぎは次第に-・くなり/魚玄機 鷗外
考えを十分にめぐらしている。物事をよく見極めている。 「 - ・く考える」 「 - ・い思慮」 「学識が-・い」
(「ぶかい」の形で)名詞、動詞の連用形の下に付いて、複合語をつくる。
表面から底までの距離が大きい。 「奥-・い」 「根-・い」
奥まっていて正体がつかみにくい。 「考え-・い」 「意味-・い」
多く密生している。 「毛-・い」 「草-・い」
程度がはなはだしい。 「遠慮-・い」 「うたぐり-・い」 「用心-・い」 「嫉妬しつと-・い」
時間が大分経過している。長くたっている。 「磯の上のつまま(=樹木名)を見れば根を延へて年-・からし神さびにけり/万葉集 4159
密度が高い。繁くある。 「露-・き浅間の野べに小萱おがや刈る/千載 恋四
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )
[慣用] 懐が-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

深いの関連キーワード焼き餅焼き・焼き餠焼き・焼餅焼き女の一念岩をも通す麴町の井戸麹町の井戸クレバスディープ至り深し超深海帯善男善女ドン深思ひ隈焼餅焼泥沼大恩深層谷底厚恩恩命仁厚幽愁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深いの関連情報