山本健吉(読み)やまもとけんきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本健吉
やまもとけんきち

[生]1907.4.26. 長崎
[没]1988.5.7. 東京
評論家。本名,石橋貞吉。父は石橋忍月。 1931年慶應義塾大学国文科卒業。雑誌『俳句研究』の編集を機に俳句批評に手を染め,芭蕉俳諧の立場から独自の批評的世界を樹立した。 39年,吉田健一,中村光夫らと評論誌『批評』を創刊。主著『私小説作家論』 (1943) ,『純粋俳句』 (52) ,『古典と現代文学』 (55) ,『柿本人麻呂覚書』 (58~61) ,『正宗白鳥』 (75) 。 72年日本文芸家協会理事長。 66年日本芸術院賞受賞。 69年芸術院会員。 83年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山本健吉【やまもとけんきち】

評論家。本名石橋貞吉。長崎県生れ。父は文芸評論家石橋忍月。慶応大学卒。大学時代に折口信夫の講義を聴き深く傾倒。吉田健一らと《批評》を創刊,同誌で評論を発表し,《私小説作家論》(1943年)としてまとめる。いくつかの新聞社,出版社で編集の仕事に携わるが,文筆活動に専念。《現代俳句》など俳句関係の業績を世に送り,古典文学評論の領域に分け入る。代表的な評論に《古典と現代文学》《芭蕉――その鑑賞と批評》《柿本人麻呂》《詩の自覚の歴史》などがある。日本芸術院会員。
→関連項目三田派

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本健吉 やまもと-けんきち

1907-1988 昭和時代の文芸評論家。
明治40年4月26日生まれ。石橋忍月の子。折口信夫(しのぶ)に師事。改造社で「俳句研究」を編集。昭和14年「批評」を創刊。「古典と現代文学」などで個性と伝統の問題にせまる独自の批評を確立した。芸術院会員。日本文芸家協会理事長。58年文化勲章。昭和63年5月7日死去。81歳。長崎県出身。慶大卒。本名は石橋貞吉。著作に「芭蕉」「最新俳句歳時記」など。
【格言など】こぶし咲く昨日の今日となりしかな(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまもとけんきち【山本健吉】

1907~1988) 文芸評論家。長崎県生まれ。本名、石橋貞吉。忍月の三男。慶大卒。俳句歳時記の編纂や、反個性的な座の文学を理論化。「私小説作家論」「古典と現代文学」「柿本人麻呂」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本健吉
やまもとけんきち
(1907―1988)

評論家。本名石橋貞吉。父は評論家の石橋忍月(にんげつ)。長崎市に生まれる。慶応義塾大学国文科卒業。在学中、原民喜(たみき)を知り、また折口信夫(おりくちしのぶ)の講義に刺激を受ける。改造社に入社、雑誌『俳句研究』の編集に従事して、俳句批評の基を培った。1939年(昭和14)中村光夫(みつお)らと『批評』を創刊。第一評論集『私小説作家論』(1943)で、私小説作家の肖像を自己の感受性に即して個性的に描き、注目された。その後、『芭蕉(ばしょう)―その鑑賞と批評』(1955~56。芸術院賞)、『純粋俳句』(1952)、『古典と現代文学』(1955。読売文学賞)、『柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)覚書』(1958~61)、『詩の自覚の歴史』(1962)などで、西欧の個性中心の近代文学に活路をみいだすために、日本文学の反個性的な伝統にたたねばならないとする、独自の批評世界を拓(ひら)いた。ほかに『現代文学覚え書』(1956)、また『最新俳句歳時記』全5巻(1971~72)などがある。69年、芸術院会員。83年文化勲章受章。[古木春哉]
『『山本健吉全集』全16巻(1983~84・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やまもと‐けんきち【山本健吉】

評論家。長崎県生まれ。本名石橋貞吉。第二次世界大戦中「私小説作家論」を刊行。幅広く古典から現代に至るまでの日本文学を追究。著に「現代俳句」「古典と現代文学」「芭蕉」など。明治四〇~昭和五八年(一九〇七‐八三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の山本健吉の言及

【石橋忍月】より

…彼の全盛期は1891年ごろまでで,93年に金沢の北国新聞社に入社してからはしだいに第一線を退いた。文芸評論家山本健吉(1907‐88)は三男である。【十川 信介】。…

【第三の新人】より

…第1次戦後派および後続の新人につづく3番目の新人群という含みをもって用いられた。《文学界》(1953年1月号)に載った山本健吉の《第三の新人》が最初の紹介論文だが,当初は必ずしも前述の作家をさすものではなかった。服部達が《文学界》(1955年9月号)で〈劣等生・小不具者・市民〉を〈第三の新人〉の特色として挙げるにおよんでほぼ内容が定着した。…

【俳句】より

…《虚子句集》(1928)の序によると,その〈花鳥諷詠〉とは四季の変化によって起こる自然界の現象,ならびにそれに伴う人事界の現象を諷詠することであり,俳句は古典的な季節詩ということになる。こうした俳句観は,評論《挨拶と滑稽》(1946)で俳句に〈滑稽〉〈挨拶〉〈即興〉の3要素を指摘した山本健吉などの理論に支えられている。山本が芭蕉などの発句を介してその理論を引き出したように,伝統派は発句と俳句をほぼ同一視している。…

※「山本健吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本健吉の関連情報