コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深海墨之助 ふかうみ すみのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深海墨之助 ふかうみ-すみのすけ

1845-1886 幕末-明治時代の陶芸家。
弘化(こうか)2年2月20日生まれ。深海平左衛門の長男。柴田花守に画法を,ドイツワグネルに西洋の顔料をまなぶ。明治8年深川栄左衛門らと香蘭(こうらん)社を設立,渡米して海外に日本磁器の販路をひろげた。12年退社して洋食器製造に着手した。明治19年2月2日死去。42歳。肥前有田(佐賀県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

深海墨之助の関連キーワードナンバースクール岩石区後藤三右衛門(2代)スタング(父子)井上省三ケズウィックアノジーンカトジーンローデリンダーホーフ城

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone