深海墨之助(読み)ふかうみ すみのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深海墨之助 ふかうみ-すみのすけ

1845-1886 幕末-明治時代の陶芸家。
弘化(こうか)2年2月20日生まれ。深海平左衛門の長男。柴田花守画法を,ドイツ人ワグネルに西洋の顔料をまなぶ。明治8年深川栄左衛門らと香蘭(こうらん)社を設立,渡米して海外に日本磁器の販路をひろげた。12年退社して洋食器製造に着手した。明治19年2月2日死去。42歳。肥前有田(佐賀県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android