コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深海掘削 しんかいくっさくdeep sea drilling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深海掘削
しんかいくっさく
deep sea drilling

深海底の堆積物と岩盤をボーリング掘削)してコア()を回収し,研究すること。1961年のモホール計画が始まりで,1968年アメリカ合衆国が深海掘削船グローマーチャレンジャー号を用いて実施した深海掘削計画 DSDPに受け継がれた。その後日本を含めた先進数ヵ国が加わり国際深海底掘削計画 IPODへと発展した。1983年までに世界の深海底で 630ヵ所以上のボーリングを実施して貴重な成果を得たが,その最大の成果は海洋底拡大説を検証したことである。1985年からは大洋底掘削計画 ODPに名称が変わり,掘削船もジョイデス・レゾルーション号が建造され一段と大型化し,性能も向上した。1989~90年には日本周辺で掘削が実施され,これまでの最長堆積物試料が得られただけでなく,地震活動を探知する調査も初めて実施された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

深海掘削の関連キーワードジョイデス・レゾリューション号ジョイデスレゾリューション号ジョイデス・レゾリューショングロマー・チャレンジャー号グロマー・チャレンジャー号グロマーチャレンジャー号ミランコビッチ・サイクル統合国際深海掘削計画プレートテクトニクスメタンハイドレート国際海洋底掘削計画海洋研究開発機構国際深海掘削計画ライザーレス掘削海洋研究観測船海洋掘削装置火山源堆積物地球探査計画海底堆積物海洋地殻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android