深海掘削計画(読み)シンカイクッサクケイカク

デジタル大辞泉の解説

しんかい‐くっさくけいかく〔‐クツサクケイクワク〕【深海掘削計画】

深海底を掘削・探索する研究プロジェクト。1968年に米国が単独で開始。1976年以降は国際協力事業となり、1985年に国際深海掘削計画ODP)に改称された。調査開始から1983年まで、深海掘削船グロマーチャレンジャー号が従事。大西洋中央海嶺を横断する掘削調査を行い、海洋底拡大説を実証したことで知られる。DSDP(Deep Sea Drilling Program)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

深海掘削計画

モホール計画に続く学術的な海洋底掘削計画で,米国の掘削船グローマー・チャレンジャーによって1968年にメキシコ湾の掘削から始まり1984年までに世界中の624点で行われた.当初は米国科学財団(NSF)の仕事であったが,1975年以後は国際協力となり国際深海掘削計画(International Phase of Ocean Drilling, IPOD)として実施された.1985年からは米国の掘削船ジョイデス・レゾリューションが加わり規模も大きくなり,名称も国際深海掘削計画(Ocean Drilling Program, ODP)へと発展した.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんかいくっさくけいかく【深海掘削計画 Deep Sea Drilling Project】

略称DSDP。深海底に掘削を行い,海底の性質を研究する計画。1950年代の国際地球内部開発計画(UMP)の一環としてモホロビチッチ不連続面(通称モホ面)を貫いてマントルまで達しようとしたモホール計画が取り上げられ,予備的な実験が行われたが,成功を見ずに中断された。DSDPでは,モホール計画の失敗を教訓として,モホ面まで貫くという意図はあきらめたが,もっと浅い掘削によって深海堆積物や地殻上部を研究しようというもので,当初はアメリカの数個の海洋研究所が合同・立案し,JOIDES(ジヨイデス)(Joint Oceanographic Institutions Deep Earth Sampling Program)の名のもとに1968年開始された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android