コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深海竹治 ふかうみ たけじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深海竹治 ふかうみ-たけじ

1849-1898 明治時代の陶芸家。
嘉永(かえい)2年生まれ。深海平左衛門の次男。肥前有田(佐賀県)の人。画を柴田花守にまなび,のち長崎にでて鉄翁祖門(てっとう-そもん)に師事。彫刻にもすぐれ,兄墨之助(すみのすけ)をたすけて染め付けの技術に工夫をこらした。明治30年有田徒弟学校の教師となる。明治31年1月2日死去。50歳。号は英山,宗竹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

深海竹治の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)[各個指定]工芸技術部門クールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフ日本の医学史(年表)デーガニベ・イ・ガルシア

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android