コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深田厚斎 ふかだ こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深田厚斎 ふかだ-こうさい

1714-1784 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)4年3月9日生まれ。深田慎斎の長男。松岡恕庵(じょあん)にまなび,尾張(おわり)名古屋藩の儒官となる。8代藩主徳川宗勝の侍臣をつとめたのち,9代藩主徳川宗睦(むねちか)の長男治休(はるよし)らの伴読(教育係)となった。天明4年4月30日死去。71歳。尾張(愛知県)出身。名は正純。字(あざな)は美之。通称は佐市。著作に「厚斎随筆」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

深田厚斎の関連キーワード神村忠貞石川香山

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android