コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深見重助 ふかみ じゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深見重助 ふかみ-じゅうすけ

1885-1974 明治-昭和時代の組紐(くみひも)師。
明治18年3月16日生まれ。京都西陣の有職(ゆうそく)糸組物師松葉屋の13代。明治42年以来4回の伊勢神宮式年遷宮における御神宝の太刀(たち)の平緒(ひらお)をはじめ,宮中・神社の祭事用装束につかう平緒を製作。昭和31年唐組(からくみ)で人間国宝。昭和49年2月19日死去。88歳。京都出身。幼名は喜多郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

深見重助の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android