コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平家納経 へいけのうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平家納経
へいけのうきょう

清盛を中心とした平家一門が,厳島神社に奉納した『法華一品経』。国宝長寛2 (1164) 年の供養願文をもつ。『法華経』 28品,開経『無量義経』,結経観普賢経』,さらに『阿弥陀経』『般若心経』各1巻の 32巻に願文を合せた計 33巻から成る。またこれを収めた金銀の金具をあしらった銅製経箱も伝来。慶長7 (1602) 年の修理では,一具を収める蔦蒔絵唐櫃一合,および『化城喩品』『嘱累品』『願文』の表紙,見返し俵屋宗達風の図様に新調された。さらに昭和期の修理で『薬草喩品』の表紙,見返しが安田靫彦による彩絵に改められた。また料紙装飾には金銀箔,彩絵,染紙などさまざまの技法が駆使され,水晶の軸端,外題,発装には金銀透かし金具が使用されるなど,平安時代の装飾技術の集大成ともいうべき遺品である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へいけ‐のうきょう〔‐ナフキヤウ〕【平家納経】

平清盛が平家一門の繁栄を祈願して長寛2年(1164)に安芸(あき)国の厳島神社に奉納した経巻。法華経28巻に無量義経・観普賢経、および般若心経・阿弥陀経と清盛の願文を加えた33巻からなる。華麗な装飾経中の代表的逸品。国宝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

平家納経【へいけのうきょう】

平清盛以下の平家一門によって,1164年厳島(いつくしま)神社に奉納されたと伝えられる経巻33巻。法華三部経30巻と阿弥陀経,般若心経,清盛自筆の願文(がんもん)各1巻からなる。
→関連項目久能寺経装飾経引目鉤鼻見返し

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

平家納経

平安時代の装飾経。平清盛が平家一門の繁栄を祈願して厳島神社に奉納。国宝。広島、厳島神社所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいけのうきょう【平家納経】

平安末期,平清盛が一族32人に〈法華経〉28品(ほん)28巻と,その開経〈無量義経〉1巻,結経〈観普賢経〉1巻,〈阿弥陀経〉1巻,〈般若心経〉1巻の全32巻を書写させ,願文1巻を添えて,清盛みずから1164年(長寛2)安芸国宮島厳島(いつくしま)神社に奉納した装飾写経。各巻とも表紙は外題や発装(はつそう)部分に優美な金具を装し,見返しには経意を表した彩絵や模様が描かれ,本紙も表裏に金銀切箔や野毛(のげ)あるいは葦手(あしで)の文様を散らすなど,意匠をこらしている(現在は一部に後補を混じえる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へいけのうきょう【平家納経】

平氏が一門の繁栄を祈って発願し、法華経などの写経に清盛の願文を添えて、1164年厳島神社に奉納したもの。全三三巻。平安後期に流行した装飾経の技術の粋を集めた豪華なもの。国宝。厳島写経。厳島経巻。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平家納経
へいけのうきょう

平安後期の装飾経。国宝。広島・厳島(いつくしま)神社蔵。平清盛(きよもり)が平家一門の繁栄を祈願して1164年(長寛2)9月、厳島神社に奉納した経巻。『法華経(ほけきょう)』28品に開経(無量義経)と結経(けちきょう)(観普賢経)を加え、さらに具経(ぐきょう)の「般若心経(はんにゃしんぎょう)」「阿弥陀経(あみだきょう)」「願文(がんもん)」(各一巻)を加えた33巻を一具とする。これは、33の姿に変化(へんげ)して衆生(しゅじょう)を救うという、厳島神社の本地仏十一面観音(かんのん)の三十三応現身の思想に基づく。平安時代なかばから貴族社会に流行した、いわゆる「一品経供養(いっぽんきょうくよう)」の流れをくむ遺品で、清盛自筆の願文から、重盛(しげもり)・頼盛(よりもり)・経盛(つねもり)ら一門32人がそれぞれ一巻あて結縁(けちえん)して、善美の限りを尽くした写経であることが知られる。各巻の書写は、1人1巻ないし数巻の分担執筆で、なかには優れた能書の筆跡も含まれる。また、各巻ともに表紙、見返し、料紙、発装(はっそう)金具、紐(ひも)、軸など、すべて当代の絵画・書跡・工芸の最高技術を駆使した華麗な装飾を施し、平家の栄華を反映して余すところがない。また、これら一具を納める金銀荘雲竜文(きんぎんそううんりゅうもん)銅製経箱、さらにこの経箱を納める蔦蒔絵唐櫃(つたまきえからびつ)も一括して国宝に指定されている。[神崎充晴]
『小松茂美著『平家納経の研究』(1976・講談社) ▽小松茂美著『平家納経の世界――国宝の謎を推理する』(1976・六興出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の平家納経の言及

【安芸国】より

…清盛が中央で急速に昇進を重ね太政大臣に任ぜられるが,彼は厳島神社を熱烈に崇敬し,平氏一族や上級貴族さらには後白河法皇や高倉上皇も厳島社参を行った。1164年(長寛2)に平氏一門が同社に納めた《平家納経》は当時の面影を今に伝える。厳島神社神主佐伯景弘はまた安芸国内の在地勢力を代表する政治的地位にあり,ついには安芸守となったが,安芸国内の在地領主たちは佐伯景弘を媒介として平氏や中央権門寺社に所領を寄進し,平氏の有力な勢力基盤となった。…

【写本】より

…ことに経典は,信仰上から華麗をきわめた装飾経が多くつくられた。平泉の〈中尊寺経〉〈神護寺経〉などがあり,なかでも平清盛以下32人の平家一門が書写した《平家納経》32巻は,装丁,造本のりっぱなことで有名である。
[西洋]
 西洋でも印刷術が発明される前の書物は,すべて手書きの写本であった。…

【俵屋宗達】より

…43年に没したとする説があるが確証はない。 制作年代の最もさかのぼる作品は,1602年(慶長7)福島正則が願主となって修理した厳島神社所蔵《平家納経》の願文,化城喩品,嘱累品における金銀泥による表紙および見返し絵である。これと同工の金銀泥絵の優品に数種の光悦筆和歌巻がある。…

※「平家納経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平家納経の関連キーワード深見 重助(13代目)道明新兵衛(7代)一巻き・一巻巴(模様)田中 親美法華経美術十羅刹女小松茂美田中親美アサガオ寄合書古写経巻子本平氏住宅納経紺紙写本障子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平家納経の関連情報