コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合関税 こんごうかんぜい

2件 の用語解説(混合関税の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

混合関税【こんごうかんぜい】

複合関税とも。関税の課税において同一品目に対し従価税従量税を併用するもの。両者を単に併課するもの,両税率を定めておきそのいずれか高いほうを適用するものなどの方式がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混合関税
こんごうかんぜい
mixed tariff

関税額を算定する場合、輸入品の価格を基礎とする従価税と、輸入品の数量を基礎とする従量税とがあるが、その両者を組み合わせた関税を混合関税といい、選択関税複合関税の二つに分けられる。
 選択関税は同一の商品に対して従価税と従量税の両方を定め、それらのうち、いずれか高いほうまたは低いほうを賦課するもので従価従量選択税ともいう。たとえば高額のほうが課せられる場合、価格がある一定の値以下に下落したときには従量税が、逆に一定の値以上に騰貴したときには従価税が課せられることとなり、輸入は全体として抑制され、関税の保護機能がより有効に作用する。一方、複合関税は、従量税と従価税とを併用するもので従価従量併用税ともいい、普通、従量税に従価税をプラスして税額が決められる。価格が高くなるほど相対的に税率が低くなる従量税の欠点を、一定の従価税率を加えることで補おうとするものである。これは保護の効果を促進することになり、国内産業をとくに強く保護する必要がある場合に利用される。日本では複合関税の純粋な適用例はない。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

混合関税の関連キーワード関税定率法従価税従量税選択関税保護関税国内関税互恵関税財政関税輸入税上限関税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone