コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択関税 せんたくかんぜいalternative duties

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択関税
せんたくかんぜい
alternative duties

同一貨物について従価税従量税との2本立てで税率を定め,通常税額の高いほうの税率を適用する混合関税の一種。課税価格が高くなると従価税額が従量税額より大きくなり,課税価格が低くなれば従量税額が従価税額をこえるので,従量税額が関税の最低限となる。国内産業を外国の低価格品の流入から保護するのに有効で,日本では魚油などに適用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんたく‐かんぜい〔‐クワンゼイ〕【選択関税】

同一貨物について従価税従量税の2種の税率が定められていて、いずれか一方を選んで課する関税。通常、税額の高いほうの税率を適用する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんたくかんぜい【選択関税】

同一貨物について従価税と従量税の二種の税率を定め、そのうちの一方を選択して課する関税。通常、税額の高い方の税率を適用する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android