コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清内雄行 きようちの おゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清内雄行 きようちの-おゆき

811-883 平安時代前期の官吏。
弘仁(こうにん)2年生まれ。河内(かわち)(大阪府)志紀郡の人。もと凡河内(おおしこうち)氏。音博士で,道康親王(のちの文徳(もんとく)天皇)に「孝経」を講じた。貞観(じょうがん)6年外(げ)従五位下,11年従五位下となる。高山祭使や丹波介(たんばのすけ)などをつとめた。元慶(がんぎょう)7年6月10日死去。73歳。字(あざな)は清図。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清内雄行の関連キーワード離縁スタウラキウスザンジの乱惟宗氏ニケフォルス1世ミカエル1世李公佐認知症サポーター四谷の千枚田液体金属ナトリウム

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android