コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原太兵衛 きよはら たへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原太兵衛 きよはら-たへえ

1712-1788* 江戸時代中期の武士,治水家。
正徳(しょうとく)2年生まれ。出雲(いずも)松江藩士。普請方吟味役。宍道(しんじ)湖の治水策として,日本海とつなぐ排水路開削を藩主松平治郷(はるさと)に進言し,普請奉行に登用される。天明5年から全長約12kmの水路(佐陀(さだ)川)をほりすすめたが,7年11月28日完成を目前にして死去。76歳。通称はは別に大蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清原太兵衛の関連キーワード佐陀川正徳

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android