コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原満定 きよはらの みつさだ

2件 の用語解説(清原満定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原満定 きよはらの-みつさだ

1195-1263 鎌倉時代の幕府官僚。
建久6年生まれ。清原清定(きよさだ)の子。左衛門尉(さえもんのじょう)。「吾妻(あづま)鏡」によると,仁治(にんじ)元年(1240)評定(ひょうじょう)衆となる。政所(まんどころ)家司(けいし)として幕府の諸行事や仏事,神事の実務にもたずさわった。弘長(こうちょう)3年11月2日死去。69歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清原満定

没年:弘長3.11.2(1263.12.4)
生年:建久6(1195)
鎌倉中期の幕府評定衆。『尊卑分脈』によると,父は幕府公事奉行人の清定。左衛門少尉。『吾妻鏡』は仁治1(1240)年評定衆に任ぜられたとする(なお『関東評定衆伝』は前年の延応1年就任とする)。これは同職に就いていた兄弟の長定が前年死亡したあとを継いだものとみられる。『吾妻鏡』での満定の活動も仁治1年から明らかとなる。彼は,評定会議において奉行人的役割を果たすことが多く,右筆役も勤める。また政所家司として,幕府の諸行事や神仏事で実務担当として携わっている。

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清原満定の関連キーワード式評定衆尊卑分脈評定衆評定奉行上総秀胤清原清定佐藤業時二階堂行方藤原清成矢野倫長

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone