コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清家堅庭 せいけ かたにわ

1件 の用語解説(清家堅庭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清家堅庭 せいけ-かたにわ

1814-1877 幕末-明治時代の神職,国学者。
文化11年1月15日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)八幡浜神山の八幡神社などの神主をつとめる。長崎で洋学,医学をまなび,帰郷後神職をしりぞき医業のかたわら子弟を教育。また宇和島藩校で和歌を教授した。明治10年3月18日死去。64歳。名は定臣,定雄。通称は牧太。日記に「水かや日記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清家堅庭の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]ネパール戦争ノルウェー文学冒険小説石坂堅壮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone