コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清岡公張 きよおか ともはる

2件 の用語解説(清岡公張の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清岡公張 きよおか-ともはる

1841-1901 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,官僚。
天保(てんぽう)12年7月10日生まれ。清岡道之助の弟。土佐高知藩郷士。藩命をうけて公卿(くぎょう)三条実美(さねとみ)の衛士となり,文久3年の七卿落ち,慶応元年の太宰府(だざいふ)行にしたがう。維新後は元老院議官,枢密顧問官などをつとめた。明治34年2月25日死去。61歳。通称は半四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清岡公張

没年:明治34.2.25(1901)
生年:天保12.7(1841)
幕末土佐国(高知県)安芸郡郷士,明治期官僚。通称半四郎,野根山殉難23士の首領清岡道之助の実弟。勤王の志あり,文久年中に上京,諸藩の志士と交流,藩命で公卿三条実美の衛士となる。文久3(1863)年8月の政変で三条ら七卿に随従して長州に亡命,禁門の変では長州藩軍に従い堺町門に奮戦したが敗れて再び長州に退却,慶応1(1865)年,三条に従って太宰府に移った。3年12月,王政復古政変で五卿が赦免されるや随従して入京して明治政府に出仕,地方長官,元老院議官,宮内省図書頭,枢密顧問官を歴任,20年子爵。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清岡公張の関連キーワード土佐本土佐江口三省清岡治之助清岡道之助坂本直寛中田勘左衛門中山駸馬吉村春峰土佐深海

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone