コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清岡静 きよおか しず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清岡静 きよおか-しず

1843-1913 幕末,清岡道之助の妻。
天保(てんぽう)14年3月15日生まれ。元治(げんじ)元年武市瑞山(たけち-ずいざん)をすくうため決起し処刑された夫の首を,墓地からほりだした胴体につぎ合わせ1首をささげた。「よしやこの土にかばねは埋むとも名をば千歳の松にとどめん」。大正2年11月21日死去。71歳。土佐(高知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清岡静の関連キーワード清岡道之助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android