コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清岡静 きよおか しず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清岡静 きよおか-しず

1843-1913 幕末,清岡道之助の妻。
天保(てんぽう)14年3月15日生まれ。元治(げんじ)元年武市瑞山(たけち-ずいざん)をすくうため決起し処刑された夫の首を,墓地からほりだした胴体につぎ合わせ1首をささげた。「よしやこの土にかばねは埋むとも名をば千歳の松にとどめん」。大正2年11月21日死去。71歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清岡静の関連キーワード牧野省三ライトカフカセネット[各個指定]芸能部門グリーンアメリカ合衆国史(年表)グリーンデトリングチームⅩ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone