コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清巌

2件 の用語解説(清巌の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

清巌

高雄神護寺の僧。号は白雪道人。書を能くする。昭和初期の人。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清巌 せいがん

?-1592 戦国-織豊時代の僧。
浄土宗。鎌倉光明寺の看誉,ついで武蔵(むさし)川越(埼玉県)蓮馨(れんけい)寺の存貞にまなび,その法をつぐ。のち上野(こうずけ)(群馬県)高崎大信寺,武蔵岩槻(いわつき)(埼玉県)浄国寺の開山(かいさん)となる。天正(てんしょう)20年6月27日死去。相模(さがみ)(神奈川県)出身。俗姓は北条。字(あざな)は終願。号は円蓮社総(惣)誉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の清巌の言及

【正徹】より

…正徹は法名。別号を清巌,庵号を松(招)月庵という。徹書記の称は京都東福寺の書記を務めたため。…

※「清巌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清巌の関連キーワード春沢永恩織豊時代虎角寿昌聖信清誉祖栄武田勝三土佐光益浮翁全槎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清巌の関連情報