コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清庵宗胄 せいあん そうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清庵宗胄 せいあん-そうちゅう

1484-1562 戦国時代の僧。
文明16年生まれ。臨済(りんざい)宗。摂津の人。小渓紹怤(しょうけい-しょうふ)に師事してその法をつぎ,京都大徳寺の住持となった。永禄(えいろく)5年7月30日死去。79歳。諡号(しごう)は広徳正宗禅師。法名は「しゅうちゅう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清庵宗胄の関連キーワード戦国時代宗胄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android