清廉潔白(読み)セイレンケッパク

デジタル大辞泉の解説

せいれん‐けっぱく【清廉潔白】

[名・形動]心が清くて私欲がなく、後ろ暗いところのないこと。また、そのさま。「清廉潔白な(の)政治家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいれんけっぱく【清廉潔白】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心が清らかで私欲がなく、不正などをすることがまったくない・こと(さま)。 「 -の身」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいれん‐けっぱく【清廉潔白】

〘名〙 (形動) 心や行ないが清くて正しく、私欲を図ったり不正をしたりすることのないこと。また、そのさま。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「清廉潔(セイレンケッハク)な吏官の子孫ぢゃと云ぞ」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「如何に清廉潔白の名士と雖も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清廉潔白の関連情報