コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水卯一 しみず ういち

美術人名辞典の解説

清水卯一

陶芸家。京都生。石黒宗麿に師事。蓬莱窯で官窯の風格と清浄感ある作品を創作する。日本工芸会理事。人間国宝。滋賀県に住した。平成16年(2004)歿、77才

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水卯一 しみず-ういち

1926-2004 昭和後期-平成時代の陶芸家。
大正15年3月5日生まれ。石黒宗麿(むねまろ)に師事。中国の鉄釉(てつゆう)や柿釉を研究,その成果をとりいれた作品を日本伝統工芸展で発表し,注目される。昭和33年ブリュッセル万国博でグランプリを獲得するなど,海外でもたかく評価された。45年滋賀県志賀町に蓬莱窯をきずく。60年鉄釉陶器で人間国宝。平成16年2月18日死去。77歳。京都出身。作品に「鉄釉大鉢と小鉢」「蓬莱磁彫花文花瓶」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清水卯一の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門原清(2)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android