コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水富春 しみず とみはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水富春 しみず-とみはる

1733-1810 江戸時代中期-後期の彫工。
享保(きょうほう)18年生まれ。出雲(いずも)(島根県)飯石郡入間の長栄寺で僧となる。のち江戸で彫刻を修業。宝暦のころから石見(いわみ)(島根県)嘉久志村の清源庵にすみ,彫刻に従事。毛彫りの小動物などの根付けを得意とした。文化7年10月23日死去。78歳。名は巌。俳号は籬桃。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清水富春の関連キーワードポーランド史天野信景アウグスト[2世]塩尻杉田玄白裏千家神谷源内植村文楽軒ケレタロ能登半島地震