コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水寺縁起絵巻 きよみずでらえんぎえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水寺縁起絵巻
きよみずでらえんぎえまき

清水寺の草創縁起,創業者の坂上田村麻呂の蝦夷征伐,本尊観世音菩薩の霊験説話を 33段に描いた絵巻。永正 14 (1517) 年の作。紙本着色,3巻。東京国立博物館蔵。絵は土佐光信筆で,詞書は中御門宣胤三条西実隆甘露寺元長寄合書であることが,『宣胤卿記』『守光卿記』『実隆公記』などの記事から知られる。光信晩年の円熟した画風を示す代表作で,伝統的なやまと絵の絵巻の最後を飾る作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

清水寺縁起絵巻の関連キーワード清水寺縁起(きよみずでらえんぎ)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android