寄合書(読み)ヨリアイガキ

デジタル大辞泉 「寄合書」の意味・読み・例文・類語

よりあい‐がき〔よりあひ‐〕【寄合書(き)】

数人合作一つ書画をかくこと。また、その書画。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「寄合書」の意味・読み・例文・類語

よりあい‐がきよりあひ‥【寄合書】

  1. 〘 名詞 〙 何人かが集まって書画や経典などのひとまとまりのものを制作したり書写したりすること。また、その書画。
    1. [初出の実例]「寄合書の御画はともあれ〈青雨〉 福曳に衣はほのぼのと花の春〈石菖〉」(出典:俳諧・七柏集(1781)芭蕉庵興行)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「寄合書」の意味・わかりやすい解説

寄合書
よりあいがき

歌集、物語文学、経巻など大部の本を書写するに際して、何人かの書き手が分担して写すこと。たとえば、古筆(こひつ)における『高野切(こうやぎれ)』(『古今集仮名序を含めて21巻を3人で書写)や、『西本願寺本三十六人家集』『元暦(げんりゃく)校本万葉集』などがそれで、写経の『久能寺経(くのうじきょう)』(『法華経(ほけきょう)』28品(ほん)に開結経(かいけつきょう)を加えた30巻)、『平家納経(へいけのうきょう)』も寄合書の遺例である。さらに、絵巻の分野でも、『源氏物語絵巻』の詞書(ことばがき)は5人の能書の手になる。単に書写時間の短縮のためばかりでなく、写経ならばその仏果を大ぜいで分かち合い、また古筆では、手の異なった名筆をさまざまに取り合わせる趣向のもとに行われた。

[久保木彰一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android