コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水義八 しみず・ぎはち

1件 の用語解説(清水義八の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

清水義八

没年:大正3.4.1(1914)
生年:弘化3.4.16(1846.5.11)
明治期の建築技術者。伊勢(三重県)久居藩作事方の出身。明治9(1876)年三重県に出仕,12年三重県庁舎の設計監理を担当。以後,退職する34年まで,県下の学校,郡役所,警察署などを手がけ,明治期の同県における洋風建築の普及に大きな役割を果たした。<参考文献>博物館明治村『明治村建造物移築工事報告書6集 三重県庁舎』,松波秀子「清水家旧蔵文書と明治期の三重県建築技術者清水義八について」(『日本建築学会大会学術講演梗概集』)

(松波秀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水義八の関連キーワード久居安達喜幸立入奇一鉄川与助藤堂高邦藤堂高朗藤堂高通林忠恕原林之助山添喜三郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone