コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水義親 しみず よしちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水義親 しみず-よしちか

1582-1614 江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)10年生まれ。最上義光(よしあき)の3男。母の実家をつぎ出羽(でわ)最上郡(山形県)清水城主となり,豊臣秀頼につかえる。徳川方の兄最上家親(いえちか)に攻められ,慶長19年10月13日討ち死に。33歳。清水氏は断絶した。通称は大蔵大輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水義親の関連キーワードキリシタン関係主要人名キリシタン用語集安土桃山時代(年表)大坂の陣茶屋新四郎(初代)メスキータ前田利長昌徳宮高山右近ネーピア

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android