コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水義高 しみず・よしたか

朝日日本歴史人物事典の解説

清水義高

没年:元暦1.4.26(1184.6.6)
生年:承安2(1172)
平安末期の武士。木曾義仲今井兼平の娘の子。寿永2(1183)年義仲と源頼朝の関係悪化にともない人質として鎌倉に赴き,長女大姫の婿となる。義仲討死後,頼朝の誅伐に先んじ逃亡するが,武蔵入間河原で堀親家の郎従に討たれた。

(奥田環)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

清水義高の関連キーワード北条政子

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android