コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水義高 しみず・よしたか

1件 の用語解説(清水義高の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

清水義高

没年:元暦1.4.26(1184.6.6)
生年:承安2(1172)
平安末期の武士。木曾義仲今井兼平の娘の子。寿永2(1183)年義仲と源頼朝の関係悪化にともない人質として鎌倉に赴き,長女大姫の婿となる。義仲討死後,頼朝の誅伐に先んじ逃亡するが,武蔵入間河原で堀親家の郎従に討たれた。

(奥田環)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水義高の関連キーワード今井兼平木曾義仲兼平義仲寺木曾義利妹尾兼康中原兼遠樋口兼光松殿師家源義高

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone