コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井兼平 いまいかねひら

4件 の用語解説(今井兼平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今井兼平
いまいかねひら

[生]?
[没]寿永3=元暦1(1184).1.20. 近江,粟津
平安時代末期の武将。木曾の豪族中原兼遠の子。通称四郎。父は木曾義仲 (→源義仲 ) の養父で,兼平は義仲とは乳兄弟。治承4 (1180) 年9月,義仲の挙兵時から側近として活躍,木曾四天王の一人に数えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井兼平 いまい-かねひら

1152-1184 平安時代後期の武将。
仁平(にんびょう)2年生まれ。中原兼遠の子。源義仲の家臣で乳兄弟。木曾四天王のひとり。治承(じしょう)4年の義仲の挙兵にしたがい各地を転戦。寿永3年1月20日源頼朝方の軍にやぶれ,近江(おうみ)(滋賀県)粟津で義仲に自害をすすめ,自分は討ち死にした。33歳。信濃(しなの)(長野県)出身。通称は四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今井兼平

没年:元暦1.1.20(1184.3.4)
生年:仁平2(1152)
平安末期の武士。四郎と称す。信濃国(長野県)出身。中原姓で,木曾兼遠の子。木曾の四天王と呼ばれる木曾(源)義仲家人のひとり。義仲の乳母子に当たる。寿永2(1183)年,義仲と共に北陸を転戦,水島合戦でも活躍した。法住寺合戦では後白河法皇弓を引くことを諫めたが聞き入れられなかった。元暦1(1184)年源頼朝方の軍勢と瀬田で戦って敗れ,義仲と主従2騎となって落ち,義仲に自害を勧めて自らは敵陣に飛び込み,義仲の最期を知ると太刀をくわえて馬から飛びおり自害した。

(高橋秀樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いまいかねひら【今井兼平】

?~1184) 平安末期の武将。通称を四郎。源義仲と乳兄弟。木曽四天王の一人。1184年近江粟津で義仲の死を聞いて自害。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今井兼平の言及

【源義仲】より

…さらに,源義経らの軍に敗れて都を逃れた義仲の最期の場面は,《平家物語》の白眉である。義仲は乳母子(めのとご)の今井兼平と打出の浜で行き会い,奮戦ののち,最愛の巴御前を無理に去らせる。兼平と主従2人になった義仲が〈日来(ひごろ)は何ともおぼえぬ鎧が,今日は重うなったるぞや〉と告げると,兼平は自害を勧め,その間敵を防ごうという。…

※「今井兼平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今井兼平の関連キーワード藤林綱久河津祐泰信濃路平賀氏長野県上田市国分市河頼房工藤茂光中野能成樋口兼光望月氏

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今井兼平の関連情報