コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水谷公考 しみずだに きんなる

2件 の用語解説(清水谷公考の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

清水谷公考

幕末、明治時代の公卿・華族。公正の嗣。待従・従三位。戊辰の役に大総督の命にて諸軍らと共に戦い功あり。明治15年(1882)歿、38才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水谷公考 しみずだに-きんなる

1845-1882 幕末-明治時代の公家,華族。
弘化(こうか)2年9月6日生まれ。慶応4年箱館(はこだて)裁判所総督,ついで箱館府知事となる。同年秋,榎本武揚(えのもと-たけあき)ひきいる旧幕軍の来襲で青森へ避難。のち反撃する政府軍を指揮して箱館を奪回し,戦後処理にあたる。一時,開拓使次官をつとめた。明治15年12月31日死去。38歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清水谷公考の関連キーワード壬生基修青公家相羽仙夫麻見義修西洞院信愛伏見忠七堀之美牧野康済武藤良由山下蕉雨

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone