コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清谷閑子 きよたに しずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清谷閑子 きよたに-しずこ

1890-1939 大正-昭和時代前期の小説家。
明治23年生まれ。結婚後,「月見草」が「時事新報」の懸賞に,「不死鳥」が「サンデー毎日」の懸賞に入選。また,鷲尾順敬(じゅんきょう)に師事して仏教史学を研究,沢木興道にもまなんだ。昭和14年3月24日死去。50歳。大阪出身。本名は早乙女まさを。旧姓は杉本。著作はほかに「北の政所」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清谷閑子の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児清水宏マキノ雅広吉村公三郎ドイツ映画大庭秀雄森一生社会民主党(ドイツ)イェーツ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android