コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月見草 ツキミグサ

デジタル大辞泉の解説

つきみ‐ぐさ【月見草】

オオマツヨイグサ俗称
ハギの別名。

つきみ‐そう〔‐サウ〕【月見草】

アカバナ科の越年草。高さ約60センチ。葉は長楕円形で縁にぎざぎざがある。夏の夕方に白い4弁花を開き、翌朝にしぼんで赤くなる。北アメリカの原産で、観賞用に植えられる。 夏》「砂丘はなるる月の早さよ―/乙字
オオマツヨイグサマツヨイグサの俗称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきみぐさ【月見草】

つきみそう(月見草) 」に同じ。
植物ハギの異名。

つきみそう【月見草】

アカバナ科の越年草。北アメリカ原産。江戸時代に観賞植物として渡来。高さ約60センチメートル。葉は互生し、披針形で羽状に切れ込む。夏の夕方、葉腋に一個大きな白色の四弁花を開く。花は翌朝萎んで赤萎する。ツキミグサ。 [季] 夏。
マツヨイグサ・オオマツヨイグサの俗称。ツキミグサ。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

月見草 (ツキミグサ)

植物。マメ科の落葉低木。ハギの別称

月見草 (ツキミソウ)

植物。アカバナ科越年草,園芸植物。オオマツヨイグサの別称

月見草 (ツキミソウ・ツキミグサ)

学名:Oenothera tetraptera
植物。アカバナ科の二年草,園芸植物

月見草 (ツキミソウ)

植物。アカバナ科の多年草,園芸植物,薬用植物。マツヨイグサの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

月見草の関連キーワード富士には月見草がよく似合うPURE FELINEきれいに健康井口 小夜子江森 天寿北アメリカ上坂すみれ清谷 閑子西田あい野村克也清谷閑子太宰治御坂峠すっく待宵草異名砂丘

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月見草の関連情報