コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清野信興 せいの のぶおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清野信興 せいの-のぶおき

1725-? 江戸時代中期の武士,和算家。
享保(きょうほう)10年5月1日生まれ。寛延2年藩主酒井忠恭(ただずみ)にしたがって上野(こうずけ)前橋藩から播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩にうつり,八木房信に中西流をまなぶ。のち中西新流算学,清野流打量(だりょう)(測量)術を称した。通称は助右衛門。号は都山。著作に「算術大意秘訣(ひけつ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android