コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清風瓶華 せいふうへいか

2件 の用語解説(清風瓶華の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清風瓶華
せいふうへいか

生け花の流派名。大阪の籠師初代早川尚古斎の子らから文人生の2流が生れた。 1907年頃,次男松雨が推されて南宗瓶華を創流,没後に弟の4男が2代早川松雨を継ぐ。5男尚洞は 13年に別流「清風瓶華」を立て,東京で競い合ったが現在南宗は衰微している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清風瓶華
せいふうへいか

いけ花における文人生(ぶんじんいけ)の流派。1907年(明治40)ごろ文人趣味が復興し、煎茶(せんちゃ)会などが盛んになったおり、大阪の籠(かご)師早川尚古斎(しょうこさい)の次男松太郎が、書画骨董(こっとう)業から転じ南宗瓶華を創流したが、その弟清次郎(せいじろう)(1863―1919)は1913年(大正2)独立して清風瓶華を創流して尚洞(しょうどう)と号した。2代目家元早川尚洞(1911―97)は第二次世界大戦後の前衛いけ花時代から活躍し、財団法人いけばな芸術協会の副理事長を務めた。南宗瓶華の3代目蒲田松雨(1896―1972)は1938年(昭和13)独立して艸心(そうしん)流をおこしている。現家元早川尚洞(1948― )は3代目。[北條明直]
『早川尚洞・研一著『清風瓶華 二つの世代の花 いけばなの基本』(1974・主婦の友社) ▽日本アートセンター編『日本のいけばな 第9巻 早川尚洞』(1978・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清風瓶華の関連キーワード三代早川尚古斎松月堂古流竜生派安達式嵯峨御流遠山流空生け草月会早川尚古斎(5代)早川尚洞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清風瓶華の関連情報