コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済暹 さいせん

2件 の用語解説(済暹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

済暹 さいせん

1025-1115 平安時代中期-後期の僧。
万寿2年生まれ。真言宗仁和(にんな)寺の性信(しょうしん)入道親王から灌頂(かんじょう)をうけ,同寺慈尊院にはいる。天仁(てんにん)2年仁和寺の伝法会(でんぼうえ)で「理趣経」の講師をつとめる。空海の「性霊集(しょうりょうしゅう)」の散逸をふせいで補遺をくわえる。「弁顕密二教論懸鏡抄」など著作がおおく,悉曇(しったん)にも造詣がふかかった。永久3年11月26日死去。91歳。号は南岳房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

済暹

没年:永久3.11.26(1115.12.13)
生年:万寿2(1025)
平安中・後期の真言宗の僧。朝臣文綱の子で仁和寺西山の慈尊院に定住し,理論と実修の両面から深く密教を極めた。事績としては,空海の『遍照発揮性霊集』の第8巻以下3巻が散逸していたのを悲しみ,手を尽くして空海の遺稿47章を拾集して承暦3(1079)年,『続遍照発揮性霊集補闕鈔』3巻を編集したことが特筆される。応徳1(1084)年には仁和寺北院で当時空海の再来といわれた大御室性信法親王から灌頂を受けており,長治1(1104)年3月の東寺御影供では長者ではない者として初めて,導師を勤めた。また天仁2(1109)年詔によって仁和寺で初めて伝法会が開催されたときには,請われて『理趣経』を講じ,聴衆に多大の感銘を与えた。天永2(1111)年権少僧都。性信から学んで悉曇に堪能で,常喜院心覚とならべて竜虎と称された。著書は『般若心経秘鍵開門訣』3巻,『大日経住心品疏私記』16巻,『大楽経顕義鈔』3巻など多数にのぼる。<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝』,祐宝『伝燈広録』上,『仁和寺諸院家記』

(津田眞一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

済暹の関連キーワード阿波閑々子弘法大師理源大師順翁紹応瑜伽乗院亮深覚勝院亮怒三宝院義演新義真言宗湛海頼観

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone