コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済門文幢 さいもん ぶんどう

2件 の用語解説(済門文幢の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

済門文幢

臨済宗の僧。東福寺二九一世。美濃高富生。道号は敬沖・号は斗室。江戸済松寺の潤叟のもとで得度、のち美濃瑞竜寺雪潭紹璞に参禅しその印可を得た。済松寺・浅草海禅寺に歴住の後、瑞竜寺天沢僧堂師家となる。明治14年東福寺火災後、東福寺派管長に就任、その復興に尽力する。二十余年在職ののち再び海禅寺に退居した。博学、豪邁な人となりで、詩文和歌を能くした。『斗室集』等の著がある。明治38年(1905)寂、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

済門文幢 さいもん-ぶんどう

1825*-1905 江戸後期-明治時代の僧。
文政7年11月16日生まれ。臨済(りんざい)宗。美濃(みの)(岐阜県)瑞竜寺の雪潭紹璞(せったん-しょうぼく)の法をつぐ。江戸海禅寺などの住職をへて,京都東福寺の住職となり,明治14年に焼失した同寺の復興にあたった。明治38年9月4日死去。82歳。美濃出身。俗姓は河田。道号は敬冲。号は斗室。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

済門文幢の関連キーワード尾関本孝林恵鏡春沢宗晃別所一精福島慶道黙水龍器敬冲家永一道啓叔宗廸東福寺派

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone