コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋江政光 しぶえ まさみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋江政光 しぶえ-まさみつ

1574-1614 織豊-江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)2年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)家老。もと下野(しもつけ)(栃木県)の小山氏の臣で,常陸(ひたち)(茨城県)にうつり佐竹義宣(よしのぶ)につかえる。義宣の久保田転封(てんぽう)後,田制をさだめ租税賦役の法(渋江田法)をたてた。慶長19年11月26日大坂冬の陣で戦死。41歳。本姓は荒川。通称は弥五郎,内膳

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渋江政光の関連キーワード村山宗兵衛天正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android