渋江政光(読み)しぶえ まさみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋江政光 しぶえ-まさみつ

1574-1614 織豊-江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)2年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)家老。もと下野(しもつけ)(栃木県)の小山氏の臣で,常陸(ひたち)(茨城県)にうつり佐竹義宣(よしのぶ)につかえる。義宣の久保田転封(てんぽう)後,田制をさだめ租税賦役の法(渋江田法)をたてた。慶長19年11月26日大坂冬の陣で戦死。41歳。本姓は荒川。通称は弥五郎,内膳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android