コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋江紫陽 しぶえ しよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋江紫陽 しぶえ-しよう

1719-1792 江戸時代中期の儒者,書家。
享保(きょうほう)4年生まれ。肥後(熊本県)菊池郡の天地元水神社の神職をつぐ。加々美鶴灘(かがみ-かくだん)に儒学と書をまなぶ。私塾集玄亭をひらき子弟を教育した。寛政4年7月12日死去。74歳。名は公豊。字(あざな)は士錫。通称は貞之丞。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渋江紫陽の関連キーワード渋江貞之丞渋江松石宗伝次儒者享保

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android